HOME  » 発酵食品で血液サラサラレシピ

発酵食品で血液サラサラレシピ

発酵食品と聞いてまず思い浮かぶのは、納豆、味噌、チーズ、ヨーグルトなど、毎日欠かさず食べている方も多いのでは。そのほかにも、お酢、漬物、しょうゆやみりん、酒、かつお節、甘酒、ワインなども発酵食品です。

発酵とは、菌や酵母などの微生物によって、腐敗ではなく有益に変化することで、発酵食品には、発酵によって味わい深くなる上、栄養価が増し、いろんなパワーを期待できます。

発酵食品には、脂肪をたまりにくくさせる必須アミノ酸やエネルギーの代謝に不可欠なビタミンB群が多く含まれ、ダイエットに効果があるといわれています。

また、腸内環境を整える乳酸菌のパワーで便秘を解消したり、抗酸化作用や、保存性がUPしたり、うまみ成分のグルタミン酸がUPします。

発酵は、酵素によって進んでいくので、熟成時間が長いほど栄養価が増しますが、酵素は熱に弱く、加熱すると効力を失ってしまいます。発酵食品や、酵素の多い食物をたくさん摂り入れて、身体の中からキレイを目指しましょう!

発酵食品の酵素をうまく摂り入れる調理法と豆知識

  • 酵素は空腹時に体に吸収されます
    酒かす 消化酵素とビタミンBが多いので、加熱せずに飲み物やサラダで。
    みそ汁 火を止めた後に入れると生きた酵素をたっぷり取れます。
    瓶詰めの食品 65度以上の熱を加えることが食品衛生法で決められているので、酵素は効力を失っています。
    納豆 ビタミンB群が大豆の5倍に増えています。
    麹胞子 熱や胃酸に負けず、小腸に届き、ビフィズス菌を増やします。でもできたら生で。
  • 発酵食品は、毎日食べ続けることが大事!
  • 酵素を含む食品(加熱すると失われるので加熱せずに)
    生野菜、果物(特にパパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイ)、発酵食品、はちみつ、オリーブオイル

発酵食品の効能

  • コレステロールの抑制作用・・・味噌 ヨーグルト
  • 糖尿病予防や肥満予防・・・酢
  • 代謝UP・・・かつお節
  • 整腸作用・デトックス(解毒)・・・納豆、漬物、ヨーグルト、麹
  • 抗酸化作用・・・納豆、しょうゆ
  • 骨そしょう症予防・・・納豆 チーズ ヨーグルト
  • うまみUP・免疫力UP・・・味噌汁にヨーグルト
    プアール茶(一番おすすめ)、ウーロン茶、紅茶

などうまく摂り入れましょう。

レシピ一覧